断食でダイエット 種類や成功の秘訣は

断食ダイエットの代表的な効果

断食ダイエットの代表的な効果
 
断食と聞いて、どのような印象をお持ちでしょうか?お腹が減ると感じる方もいらっしゃるでしょうし、身体にいいという噂を聞いたことがあるという方も多いはずです。実際に、断食をすることによって、われわれの身体にどのような効果が表れるのでしょうか?
 
当然のことかもしれませんが、まずは体重が減少することになります。人間の体重は、口から体内に何かを取り入れることによって増加していきます。1日に消費するカロリー以上を取り入れると体重は増えますし、それ以下に抑えると体重は減少していきます。
 
全く食事をしないことになりますので、当然消費カロリーは摂取カロリーを上回ることになります。また物理的にも、1度の食事で数百グラムの体重が増えることになりますが、それがなくなるとなると、その分の体重が減ることになります。
 
断食をやめて同じように食事をしだすと、この体重はすぐに元に戻ってしまうでしょう。しかし、断食をやめた後も摂取カロリーに気を付けて食事を行う習慣を付けることができれば、体重は緩やかに減少していくはずです。
 
断食のみでダイエットを行うのはあまりよくないと言われていますが、例えば来週までに何とか3キロ落とさなければならない、などの目標と期間が明確に設定されているのであれば、そのダイエットのスタートダッシュとして断食は大きな効果を発揮するでしょう。
 
また、断食を始めると、代謝が良くなるのに気が付くのではないでしょうか?特に便秘や下痢で悩んでいらっしゃる方は、断食でその症状が良くなることが期待できます。それから、身体が熱くなってもお腹だけが冷えるという方にもお勧めです。
 
胃に何も入れなければ、一時的ですが腸を休ませることができます。腸を休ませることができれば善玉菌が活性化しますので、腸内が安定します。善玉菌が活性化することによって、例え身体の外側が寒さを感じていたとしても、腸内は温かいと感じることができるようになるはずです。
 
それから、断食の最大の効果として挙げられるのが、普段の食べすぎに気付くことができるという点になるのではないでしょうか?断食をするとお腹が減るというイメージが強いのではないかと思いますが、実際に断食を始めるとそんなに空腹は気にならないのではないかと思います。
 
もちろん最初の食事を抜く段階では空腹を感じるのではないかと思いますが、断食をしていても普段通りの生活を問題なく送れるはずです。つまり、断食前と同じだけのカロリーを消費する生活を続けていくことができるということです。
 
人によって食生活は異なるかと思いますが、1日に必ず3食食べなければならないという方もいれば、2食しか食べないという方もいらっしゃるでしょう。また、明確に食事の時間を決めずに、お腹がすいたら食べるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
恐らく、1日に必ず3食食べるという方は、3食食べるのが当たり前で健康的だと思っていらっしゃるのではないでしょうか?中には、お腹が空いていないのに3食食べるのが当たり前だから、いつも食べる時間だから食べるという方もいらっしゃるはずです。
 
お腹が空いていない方は、恐らくカロリーを消費していないことが多いのではないかと思います。そして、カロリーを消費していないのに新たなカロリーを摂取し続けていると、当然無駄なカロリーが蓄積されて肥満になっていきます。
 
日常生活で、特にお腹が空いていないのに何か食べなきゃいけない、と感じる方もいらっしゃるのではないかと思います。何となく食べたい、目の前にあるから食べたい、という感情は、満腹・空腹にかかわらず誰もが感じたことがあるのではないでしょうか?
 
このケースも当然太ることになりますので、続けると肥満になっていきます。断食をすることによって、このような習慣付いている食事へのスタイルを見直すことができるのと同時に、断食を通してダイエット効果を期待することができるでしょう。
 

きちんとしたスタッフとともに断食を



断食道場 ならリフレッシュの森